HOME > 福祉住環境コーディネーターの仕事と役割

福祉住環境コーディネーター(FJC)の主な仕事

高齢になって体が不自由になっても、また病気や障がいがあっても、住み慣れた我が家で平穏に暮らしたい…。

そんなニーズを受けて、福祉住環境コーディネーターは高齢者や障がい者の方々のお住まいを、建築士やケアマネージャーなど専門職の方と連携して、住みやすいように設計からリフォームプランの提供などに加え、福祉用具(車いす、電動ベッドなど)、介護用品(入浴用品、手すりなど)などの選択や利用法のアドバイスなどを行います。

階段は危険がいっぱい

  たとえば・・・、
和室と洋室の間の段差でつまづいたり、浴室ですべって転んだりと、今までの住宅構造では高齢者や障がいがある方にとっては、多くの負担があり決して住みやすい住環境とはいえませんでした。

そこで、こういった不都合や負担を解消するために、福祉や建築など専門家の方達と連携して、段差をなくしたり、階段に手すりを付けたり、浴室の床を滑りにくい材質にしたりと、ご高齢の方や障がい者の方達の目線に立って、それぞれのニーズに合わせた住宅プランを提案するのが、福祉住環境コーディネーターの主な仕事になります。

さらに、いわゆるバリアフリーと呼ばれる住宅設計やリフォームの改造プラン、それに掛かる費用面の情報提供なども行います。
また、リフォーム会社や工務店、福祉用具の販売店などと交渉を行い、住宅の増改築や福祉用具などに掛かる費用に加え、福祉の補助金や保険、融資などの情報提供などを行うこともあります。

また、福祉住環境コーディネーター2級以上の資格を持っていれば、介護保険制度において住宅改修費の申請をするための「理由書」を作成することが出来るので、仕事の幅はさらに広がります。

福祉住環境コーディネーター2級


福祉住環境コーディネーターの役割

現場に立ち会う

 

住み慣れた我が家に、いかに永く快適に住み続けるか。
近年、住宅そのものの長寿命化が進む中、変化する人々のくらしと住宅をいかに快適なものにするか・・・。これは健常なご家族はもちろん、自分らしく過ごしたいという高齢者や障がい者の想いに応えるのが、福祉住環境コーディネーターの役割ともいえます。

よって、時には住宅建築やリフォームの現場に赴き、工事が予定通り進んでいるかなど、発注者の身になって施工に立ち会う責任感なども求められます。ご自分の祖父母やご親戚のお住まいをリフォームをするような、そんな優しさや気遣いなどがあれば、よりお客様から信頼を得られる職業といえるでしょう。

また、福祉住環境コーディネーター有資格者の多くが、介護福祉や医療現場、建築関係(工務店やリフォーム会社など)の仕事をしており、現場で働いているホームヘルパー、介護福祉士、社会福祉士などの方々との連携やコミュニケーションが大切な仕事といえます。


福祉住環境コーディネーターのオススメ通信講座はこちら >