HOME > 福祉住環境コーディネーター(FJC)の学習方法

効率的な勉強方法と合格のための心構え

福祉住環境コーディネーターを受験する場合、特に受験資格は要しませんが、多くの方が現在のお仕事をされながらの試験勉強になるのではないでしょうか?

さらに、福祉住環境コーディネーターの試験範囲は多岐に渡るので、効率的な勉強方法をする必要があります。

  学習方法

福祉住環境コーディネーターの学習には、「通学講座」「通信講座」に加え、「独学」での学習の3点があります。
それぞれにの学習方法に特徴はありますが、
通学講座や通信講座のメリットは、合格のためのノウハウが詰まったカリキュラムが組まれていて、それに従って勉強を進めていくと、自然と知識が身に付いていくということです。

独学での学習ももちろん可能ですが・・・、

・福祉住環境コーディネーター関連の参考書や問題集が少ない。
・ポイントを押さえた効率的が学習が難しい。
・知識がきちんと身についているか判断が難しい。

などのデメリットがあります。

そこで、当サイトでは、
仕事が忙しい会社員や、家事や育児に追われる主婦の方には、「通信講座」を活用した効率的な学習方法をおすすめします。


通信講座のメリット

通勤電車の中や、帰宅後の空いた時間などを有効活用できる「通信講座」のメリットには、下記のものがあげられます。

<3つのポイント>
1. 自分の空いた時間を利用して、いつでも場所を選ばず自分のペースで勉強ができる。
2. 入学シーズンの時期に関係なく、思い立った時に始めることができます。
3. 専門学校などの通学に比べ受講料が安く、交通費も掛かりません。

通信講座(通信教育)は、ご自分のペースで資格取得を目指す方には最適な学習方法といえます。仕事が忙しい会社員や、家事や育児に追われる主婦の方は、専門学校に通学することはなかなか困難です。

しかし、通信講座ではご自分の空いた時間を有効活用することで、効率良く勉強ができるという大きなメリットがあります。会社のお昼休みや通勤通学の電車の中など、ちょっとした時間を有効に活用することが可能です。

  通信講座のメリットとは

さらに、ご自分の理解度に合わせて、気兼ねなく何度でも同じところを学習すること(反復学習)ができるのも魅力の一つです。教室でのレッスンにありがちな周りのペースに合わせる必要もなく、分からない点はサポートしてもらえるので、じっくりと自分のペースで学習することができます。

しかも通信教育講座には、試験に特化した学習プログラムが組まれているので、資格取得への近道として、近年高く支持されています。
毎日忙しくて時間はないけど、資格取得をしてスキルアップをしたい考えている方にとって、通信講座はまさにピッタリの学習方法といえると思います。


メリットには他にもたくさんあります。
通信講座は在宅での学習なので、通学に掛かる時間や交通費も掛かりません。
また通信講座は、一般的に料金が手ごろで「分割払い」も可能なので、資金的な問題も解決できます。
いつでも、どこでも、安価に学べる通信講座にはメリットがたくさんです。


福祉住環境コーディネーターのオススメ通信講座はこちら >