福祉住環境コーディネーターの資格を取ろう!

福祉住環境コーディネーター(FJC)とは?

今や人口の4分の1が、65歳以上の高齢者といわれる高齢化社会日本。

そしてさらに高齢化が進む中、高齢者や障がい者の方に対して暮らしやすい住宅の改修プランや快適な住環境をアドバイスするのが、福祉住環境コーディネーター(FJC)です。

今まで、高齢者や障がい者の方々に対する住環境(住宅をはじめ、福祉用具、介護用品など)の整備は、ソーシャルワーカーやケアマネージャー、建築関係者、理学療法士など、さまざまな専門家が関わってきました。

福祉住環境コーディネーター

スポンサードリンク

しかし、それぞれの立場から住環境のアドバイスを行うと、どうしてもその専門領域に偏りがちに・・・。
そこで、高齢者や障がい者の方々と各専門家の間を取り持って、快適な住環境をコーディネイトする「福祉住環境コーディネーター」という福祉の民間資格が生まれました。

福祉住環境コーディネーターになるための「福祉住環境コーディネーター検定試験」は、1990年に東京商工会議所によって創設されたまだ新しい資格試験ですが、これからの高齢化社会を考えると、今後ますます多くの場所で活躍が期待され、注目される福祉の資格であることは間違いないでしょう。

福祉住環境コーディネーターの主な仕事

福祉住環境コーディネーターの仕事

高齢になって体が不自由になっても、また病気や障がいがあっても、住み慣れた我が家で平穏に暮らしたい…。

そんなニーズを受けて、福祉住環境コーディネーターは高齢者や障がい者の方々のお住まいを、建築士やケアマネージャーなど専門職の方と連携して、住みやすいように設計からリフォームプランの提供などに加え、福祉用具(車いす、電動ベッドなど)、介護用品(入浴用品、手すりなど)などの選択や利用法のアドバイスなどを行います。

たとえば・・・、
和室と洋室の間の段差でつまづいたり、浴室ですべって転んだりと、今までの住宅構造では高齢者や障がいがある方にとっては、多くの負担があり決して住みやすい住環境とはいえませんでした。

そこで、こういった不都合や負担を解消するために、福祉や建築など専門家の方達と連携して、段差をなくしたり、階段に手すりを付けたり、浴室の床を滑りにくい材質にしたりと、ご高齢の方や障がい者の方達の目線に立って、それぞれのニーズに合わせた住宅プランを提案するのが、福祉住環境コーディネーターの主な仕事になります。


続きを読む>福祉住環境コーディネーターの仕事と役割

福祉住環境コーディネーターは、こんな人にオススメ!

・人のお役に立てて、感謝されるお仕事に就きたい方

・ホームヘルパーの方で、他の福祉資格も取得したい人

・将来、福祉・介護関係のお仕事に就きたいとお考えの方

・建築関係のお仕事をしていて、福祉住環境コーディネーターにも興味のある方

・ご家族の中に、高齢者や要介護の方がいる方

 などなど・・・


福祉住環境コーディネーターのオススメ通信講座はこちら >



FXトレードネットとは